こどもを学習塾に通わせよう【メリットを徹底リサーチ】

MENU

塾の特徴を知ろう

学生と先生

学習塾には、受験対策をする進学塾、学校の勉強対策を行う補習塾、受験勉強と学校の勉強の両方に対応する総合塾、成績が下位の子供を対象とした救済塾の4タイプがあります。また、子供の性格によっては集団指導型が向いていたり、個別指導が向いていたりと、子供の性格と学力の両方を考慮して学習塾を選ぶ必要があります。

詳しく見る

小学生向けのコース

教室

小学生が勉強方法を身に着けるためには、学習塾に通うのが効果的であり、入学時に先生からアドバイスを受けるのが理想的です。補習指導を受けるのが、教科書内容を理解するための最善の方法であり、中学受験を希望する場合には専門の塾に入学するべきです。

詳しく見る

子供におすすめの塾とは

文房具

入塾することのメリット

日本全国あちこちに学習塾がありますが、学習塾に通わせるとどんなメリットがあるのか分からない方も多いことでしょう。学習塾では、学校の勉強がよく分からない、授業についていけない、といったことにならないよう、学校の勉強の予習・復習をしてくれます。学校で分からなかったところを塾で教えてもらうことができるので、苦手科目が克服できます。さらに、予習・復習を通して基礎的な学習能力が身に着くので、勉強が楽しくなり、学習意欲が増します。また、1人で勉強していると、どうしてもモチベーションを高く維持しているのが難しくなります。しかし、学習塾であれば、懇切丁寧に教えてくれる先生や、勉強を頑張っている仲間がいるので、勉強するのが苦にならなくなります。自宅で机に向かって勉強することに慣れていない子供には、学習する習慣が身につきます。さらに、中学受験や高校受験を控えている場合は、志望校に合わせた受験対策をしてくれます。自分1人の力で受験勉強をしようと思っても、効率よくポイントを押さえて勉強するには限界があります。学習塾であれば、目標としている学校の情報を網羅して、傾向と対策を分析をして指導してくれるので、志望校に合格しやすくなります。このように、学習塾にはさまざまなメリットがありますが、子供の性格や勉強のペースによって、子供に合う塾が異なります。値段が安いから、パンフレットの内容が良かったから、通いやすいからという理由だけで決めてしまうのではなく、実際に学習塾に足を運んでみて、見極めることが大切です。

効率的な学習が重要

教師

数十年ぶりとなる大学入試改革が始まります。これからは各教科のスキルを交差させた総合力が問われます。この新方針に学校の授業はすぐには対応出来ません。また自習で対応するのも時間的に難しいです。学習塾を使って効率的にスキルを習得する必要があります。

詳しく見る

勉強する姿勢が身につく

授業

学習塾に通うと、学校と塾の両方の宿題に取り組むことになり、自然と勉強する姿勢が身につきます。また、学習塾に通うと、他校の生徒や先生との交流を通して、自然とコミュケーション能力が身につきます。子供の成績が伸びないなどの悩みが生じた場合は、集団授業から個別指導に変更するなどの対策を考えましょう。

詳しく見る

周囲から情報を得よう

教師と生徒

学習塾選びは周囲からの情報収集や資料請求、体験入塾などによって絞り込むことができます。何よりもお子さんが楽しく通えて、確実に学習できる環境のところを選ぶことが大事です。それには体験入塾の比較が重要と言えます。

詳しく見る